ガンで父が亡くなるまで。・・・その11

2011.03.18 Friday

0
    それから3日後父は死んだ。私は会社をほうり投げていたので、その日はアパートに帰っていた。医者からは「あと1週間はもちそうだ。」と聞いていたので、その間にやっておかなければいけない様々な仕事を片付けておこうと思っていた。夜なかなか寝付けない私は、結構酒を飲んでいた。2時ぐらいだろうか、やっと眠りにつく事ができた。そして朝の5時ごろ電話が母親からあった。「お父さんがもうダメ」ということだった。何でも母親は4時前から私の携帯に何度も電話をかけたらしい。しかし、そうれまでの精神的ストレスからか、なかなか携帯の音に気が付かなかったようだ。それから、高速道路を吹っ飛ばして病院に向かった。しかし、間に合わなかった。

    無念だった。

    しかし、私はその当日の夕方最後に父と約束をした。「世の中の役に立つものを売りたいんだ」それが父と交わした最後の約束だった。そのときわずかながらの声で「そうかがんばれ」それが父と私の最後に交わした言葉だった。
    そこに到着すると、にこやかな父の顔があった。あの苦しそうに悶えていた顔が一変していた。私はなんだか、心が晴れやかな気分になった。

    ほんとうによくがんばりました。

    もうこれからは、辛い思いをしなくてすむね。・・

    そう思うと、自然に涙があふれてきた。
    ガンてそういうものなのか。・・・こんなにも人を苦しめるのか。・本当に実感した。


    自分も将来必ずガンになるだろう。・・

    そのとき自分がそう思った。

    ここにリンクを貼っておく。何故私がそう思ったのか、それが今まで長く文章を書いてきた理由である。・・・


    http://nihon-yamaninjin.jp/

    ガンで父が亡くなるまで。・・・その10

    2011.03.13 Sunday

    0
      「いったいどういうことなんですか」と、私は父の主治医に、少し声を荒げながら尋ねた。「そちらの病院から、詳しい話を聞いています。」と言った。「普通ありえないんじゃないんですか、退院して3日でよその病院に搬送されて、そこで検査したら全身ガンに侵されていたなんて。・・」

      と尋ねると

      「食道ガンに対しては、取り除けていました。」

      食道ガンが治っても、肝臓ガンや肺ガンになったら意味ないじゃないですか」・・・と言った。

      少し間をおきながら、「お気の毒ですが、そのような事もまれにある可能性もあります。」と答えた。「それで、今後はどうすればいいんですか。・・と父に尋ねられたのですが」と言うと、
      「後は、そちらの病院の支持に従ってください」と言われた。

      「もう今更、どうやっても治りませんよ」と言われているような気がした。

      確かに、今更どうしようもない事は明白だったが、だからといってまるで見放すかのような医者の態度に無性に腹が立った。私が医者というものをあまり信用しなくなったのは、それからだった。ただ、誰もが信用できないというわけではない。

      それまでの私は、「医者なら誰でも信用できる

      と思っていたのを、

      例え医者であっても自分の目で見て話を聞いて、行いを見極めて信用できるかどうかを確認するまで信用できない

      そう思っただけだ。私はその瞬間から、本当に医者に対する考え方が180度変わってしまった。ただ、世の中にには、

      信用できる医者もたくさんいる事をその時から知ったような気がした。

      結局誰でも信用できると思う事は、誰も信用していない事と同じだったのだ。

      だから私は、その瞬間から、本当の意味で健康について勉強をし始めたのだ。

      このブログを見ている方、

      医者を必要以上に過大に信用することは絶対に避けた方がよいと思う。

      しかし、全く信用しない事は、それはそれで危険なことだ。・・・

      ともかく「国立大学病院の先生だから」そういう思い込みはさけたほうがよいと思う。・・特に癌と言う病気に関しては。・・・

      じゃあ、何を信用すればいいのか。・・・

      そういう迷える人は、たくさんのガンに関する本を読む事をお勧めする。
      その中には必ず「信用できそうなものと、信用できなそうなものが、含まれている」その中で自分の感性を磨く事が必要であろう。

      そう思って自分で行動した人間は、意外と癌という病気を克服している。

      結局他人の言われるまま、なすがままの人でガンを克服した人を私は見た事が無い。

      もしあなたが本当にガンを克服したいと思ったら、

      自分の性格を変える事だと思う。・・・・

      その辺の話題は、今度触れることにする。・・・



      ガンで父が亡くなるまで。・・・その9

      2011.03.02 Wednesday

      0
        病院に到着すると、ベットに横たわった父がいた。
        よく見るとお腹には管が突き刺さっていた。私に何か話しかけているのだが、まともに話が出来る状態じゃなかった。ぜいぜい言いながら、自分に話しかけてきた。「いったい俺はどうなっているんだ」と。私はとっさに「放射線の悪影響が出ているんだよ。しばらくすればよくなるから、少し辛抱していて」と言ってしまった。父は納得していない様子だったが、黙ってうなずいた。妹から話を聞くと、父はもう感ずいている様子だったらしい。妹が医者から詳しい説明を受けている間、母は廊下をひたすら、行ったり来たりしていたらしい。母は、どちらかというとおっとりしていて、あまり物事に動じないタイプだったのだが、そんな母がウロウロしている姿を見れば、勘の良い父が、何か不思議に思うのも、無理はないことだと思った。

        父は、そして最期の力を振り絞るように、私に、「前のお医者さんに今の状況を話してくれないか。そしてどうすればいいのか聞いて欲しい」と言ってきた。私は、「こんな事になっても、まだ医者を信用するのか」と、内心怒りがこみ上げながらも、父には「わかった。そうする。」と返事をした。


        その後すぐ、今入院している医者から父の詳しい病状について話を詳しく聞いた。

        末期ガンです。肺、胃、肝臓、骨にいたるまで全てガンが転移してしまっていて、どうにもならない状態です。」といわれた。レントゲンを見るとそれは、すさまじい状況だった。肺は半分以上ガンに侵されていた。お腹に管を通していたのも、今黄疸も出始め、胆汁を外部に出していて、その中に血が混ざっていたのだ。確かに病室に入ると、独特な匂いがした。

        あと、もってどのくらいですか?」と尋ねると「うまくいけば1ヶ月、早ければ2週間ぐらいだと思います。モルヒネはどうされますか」と聞かれたので、
        「なるべく多く痛みが少ないように、お願いします」と答えた。

        もうどうしようもなかった。動かせるものならば、ホスピスのようなところもと考えたのだが、そんな時間はなかった。せめて、最後は少しでも痛みが少なくと考えてしまったのだ。


        そして、以前入院していた病院に電話をした。「ひょっとしたら、電話にすら出ないのではなか」とも思ったのだが、さすがにそんな事はなかった。


        実は今入院している病院から、すでに父の状態については、話を聞かされていたらしかった。

        ガンで父が亡くなるまで。・・・その8

        2011.02.28 Monday

        0
          その3日後 2005年1月13日突然妹から電話が掛ってきた。
          妹「お兄ちゃん大変、お父さんが倒れて今近所の病院に入院している。」
          私「え、だってこの間退院したばかりじゃないか。」
          妹「よく分からないんだけど、どうも全身にガンが転移しているらしい」
          私「そんなバカな、退院して3日で全身にガンが転移するわけないじゃないか、何かの間違いなんじゃないか」
          妹「とにかく帰ってきてよ。お母さんは気が動転して上の空だし。私も今の状況がどうなっているのか全然解らないんだから。」

          私はその電話が終わった後も、「本当にこれは現実なんだろうか」と自分の顔をつねって見た。その光景は、まるでドラマのようだった。
          父が夜中突然胸の苦しみを訴え、妹が家の近くの総合病院に夜中車で運び込んだらしい。とりあえず応急処置をして一命は何とかとり止めたらしい。




          その後私も少し冷静になって考えてみた

          ・食道ガンは消えたはずなのに?
          ・肺や肝臓、骨にまで転移?
          ・しかも、退院してまだ3日
          ・だって転移していて、退院させるはずないよな?

          考えれば、考えるほど謎だらけだった。

          お店が終わり、とりあえずアパートに一旦帰り荷物をまとめてから、病院に直行するつもりだった。

          浦和駅を降りて、1人家に帰る途中どうしても涙が止まらなくなった。

          何故こんな事が、何故こんな事が、何故こんな事が

          そう心のなかで叫びながら

          もう可能性は、0.001%もないじゃないか。・・・

          そう思うとよけい涙が止まらなかった。・・・

          ガンで父が亡くなるまで。・・・その7

          2011.02.24 Thursday

          0
            年末父は実家に一時退院していた。私も久しぶりに実家に帰っていた。
            放射線の経過は順調だったが、副作用が激しく首には包帯のようなものを巻いていた。ほんのオチョコ一杯だけ酒を注ぎ、皆で乾杯をした。
            今思うと、私にとって、家族4人で桶を酌み交わしたのは、これが最後だった。
            ただ、その時は、まさかそんな事が起こるとは思ていたなかった。
            年が開け、いよいよ父は本当に退院をした。その後検査が行われ

            「確実に食道ガンを取り除けた。」

            と医者に言われたようだ。その時父は思わず、一生懸命看病してくれた看護婦さんと抱き合って喜んだらしい。

            母は、その事を聞いて顔をくしゃくしゃにして泣いていたという。

            本当によかった。・・・

            私もそう思った。一山超えた感じがした。

            父は家に帰ってくると、ひたすら水槽の中の金魚をや小魚を見つめていたらしい。その心境がどのようなものだったのかは、私には推測しかねるが。・・今になって思うと

            生きているということは、なんとすすばらしい事なんだ。

            ということなんじゃないか。・・・と思っている。

            2005年1月10日前後のことである。

            ガンで父が亡くなるまで。・・・その6

            2011.02.17 Thursday

            0
              放射線治療は週5〜6回のペースで行われていた。
              ほぼ1日1回のペースだ。放射線治療にも、当然副作用があり、その副作用がの程度をみて、治療を行っていた。私はよく、「放射線はむしろ体に良い」とい話をするが、でもそれは弱い放射線量のことであって、こんなに強い放射線を体にあびてれば、強い服作用が出て当然である。しかし、そこにある腫瘍をとらなければ、話は前に進まないのも事実である。

              私は病院に週一度見舞いに行っていた。その当時流行っていたCDが
              平井堅 SENTIMENTALovers というアルバムだった。

              私は車を運転している途中、そのアルバムの中にあるセンチメンタルという曲を口ずさみながら、病院に向かっていた。そして、その時私はある重大な決断をした。

              それが禁煙である

              父も当然ながら禁煙していたので、私もやらなければいけないという思いからだった。

              辛かった。タバコをやめる事がこんなに辛いとは思わなかった。当初はニコレットを買ってそれをタバコ代わりにしていた。しかし、ある時ニコレットを噛みながら、タバコを吸っていることに気が付いた。


              今から禁煙をしたい人に、1つだけアドバイスをするとすれば、タバコをやめたければ、ニコレットはやめたほうがよいと思う。

              3日我慢すれば、体中からニコチンが抜けるらしい。私の場合は、1週間我慢したら、急にタバコを吸いたくなくなったのである。

              しかし、その禁煙も長くは続かなかった。
              父が死んでからは、また吸うようになったからである。その後本格的に禁煙をしたのは、ちょうど1年後であった。



              ガンで父が亡くなるまで。・・・その5

              2011.02.16 Wednesday

              0
                食道ガンのステージ?、5年生存率は10〜30%

                この数字は、私にとってもとても重いものだった。ただお医者さんは、「私に任せてください。大丈夫です」と言っていた。私の父や母は、その言葉をすっかり信用していたし、妹は医学のことにはまるで興味はなかった。
                大体女なんていうものは、意外とそんなものなのである。特に医者の言う事ともなれば、すぐに信用してしまう。しかし、私が家族に 食道ガンの5年生存率は30%以下で、「助かる見込みは奇跡に近い」などということは口が裂けても言えなかった。特にお袋には。・・・

                でも私にも一縷の望みはあった。幸いにも入院していた時点で、目に見えて転移している箇所が見つからなかったからだ。たぶん医者も、その事があったから「大丈夫ですよ」と言ったのだと思っている。何とか抗がん剤と放射線治療で食道にある腫瘍を取り除く事ができれば、助かる見込みは少しでもあるんじゃないか。

                後は5年間転移さえみつからなければ

                ガン患者が一番間違って入る考え方は、手術や治療が終わったら、それで終わりだと思う事だ。



                くどいようだが、この本にもその事が如実に書かれている。

                真のガン治療は手術後から

                父が亡くなった後、私の親戚や知り合いでガンで亡くなった方をたくさん見てきたが、たいてい、1回目のガンは手術で無事摘出できるのだが、2回目にガンが見つかったときは、全身に転移してもう手の施しようがなく、抗癌剤をうちながら、やせ細って死んでパターンが多い。

                これは、本当に多いパターンだ。

                ただ、私には多少の自信があった、そのころは、日本山人参の健康食品(源喜根)が入手できたからだ。ただその当時は売るほどには、仕入れる事は出来なかった。ただ、その製品は本当にすごいもので、 手術をした後、これを飲み続くて再発した人をほぼ見た事がない

                というものだった。

                だから、私は神に祈った。

                「頼むから、父を病院から退院させてください。」 と

                何とか今あるガンを抑えることができて、普通の食事に戻る事ができれば、何とか助かる可能性はある

                しかし、それを使用する事は出来なかった。


                ガンで父が亡くなるまで。・・・その4

                2011.02.11 Friday

                0
                  父は入院してしばらくした後、放射線治療を受けていた。
                  医者が言うには、「現在でもかなり体力が落ちている事を考慮すると、放射線治療が一番だ」と父に言ったらしい。
                  その治療法を厳密にいえば、放射線治療と抗がん剤を組み合わせた治療で化学放射線療法と呼ぶ。食道ガンは現在の医学を持ってしても、根治が難しい病気である。特に私の父親のように、ステージ?ともなると、5年生存率は10〜30%といわれている。

                  実はその5年前、私の母方の祖父もガンで亡くなっていた。膵臓ガンで、病院にいった時は、「もう手遅れで、治療法はありません」と医者にいわれた。私の母は4人兄弟で、その話を聞いたときには、みな呆然としていたが兄弟やその家族で、話し合いをした結果、「おじいちゃんにも、おばあちゃんにも本当の事は打ち明けないで、そのままの状態にしておこう」ということだった。2人とも高齢であり、50年以上も連れ添った、おばあちゃんにその事実がしれれば、とてもヒドイ精神状態になるのかは目に見えていた事だったので、それは仕方のないことだと思った。

                  すい臓ガンは最悪のガンとされている。
                  ただ、祖父はすい臓ガン末期と言われてからも、1年以上は生きた。私はがん治療にかんして「かえって何もしないほうが、長生きするんじゃないか」という考えに達している

                  それは何を意味するのかというと、「医者が治そうと思って、一生懸命治療すればするほど、かえって早く死んじゃう。」ということである。

                  ただし、ここは難しい選択であって「何もしないで、少し延命するか、何かをして、あっという間に死ぬか」というものなのかもしれない。

                  祖父はとてもやさしい天使のような人で、幼いときから本当にかわいがってくれた。だから死んでしまったときには、とても悲しかった。日に日に痩せていくその姿を見ていたたまれなくもなったが、27歳だった私には、「どうしたらよいのか」という考えすらも浮かばなかった。その時の私にとって、死やガンというものは、まだ遠い存在だったのかも知れない。・・・


                  ガンで父が亡くなるまで。・・・その3

                  2011.02.10 Thursday

                  0
                    父が病院に入院するとすぐに、様々な健康食品を届けた。

                    ・カバノアナタケ
                    ・フコイダン
                    ・タヒボ
                    ・ツァウバーツゥアバー

                    などおおよそガンによさそうな健康食品ばかり選んで持って行った。何故かというと、食道ガンのステージ?ともなるの、腫瘍がとても大きくなっていて、食べ物がなかなかのどに入っていかないからだ。手術をしないで、ガンを治すという人もいるが、それは場所にもよる。人間はご飯を食べて、排泄が出来なければ、生きていけないので、その器官がガンに侵された場合は、やはり、手術や放射線治療は欠かせない。特に食道ガンの場合は、そのまま放っておいたら、何も食べられず栄養失調で死んでしまう。

                    私は、「どうせろくな物は食べられないのだから、せめて栄養を取ってほしい」と思い健康食品を持っていったわけだが、それらの物は全て医者に没収されてしまった。

                    何故かというと、抗がん剤治療を行うにあたって、それらの健康食品の成分が抗がん剤に影響を与えるためだという理由であった。

                    最初のうちは、「医者が言う事なんだから間違いない」と思っていたが、それは必ずしもそうでなかったという事は、後に分かったことだった。何故かといえば、抗がん剤治療を行いながら、健康食品やサプリメントをOKしている病院や医者がいる事も事実だからだ。
                    その医者は、はたして本当にその健康食品の中身を調べたのかどうかは、とても疑わしかった。
                    確かに栄養成分が薬品に影響を与える事はあるが、その程度や範囲がどの程度のものなのかは、厳密には誰もわからない事なのである。

                    しかし、医者はのいう事を正しく聞いて言うとおりの指示に従った父は

                    入院して、たった3ヶ月であっという間に死んでしまったのである。

                    それだけが事実なのである。

                    ガンで父が亡くなるまで。・・・その2

                    2011.02.07 Monday

                    0
                      その時は 「父は運の良い人だ」と思ったのですが、その後たった3ヶ月で大腸にポリープが出来てしまったのです。しかし、悪性腫瘍ではありましたが、幸い早期発見でき、8月の終わりには、簡単な手術で腫瘍を取り除くことが出来ました。そこでもまた、「父は運の良い人だ」と思っていたのですが、その後、最悪の事態がわが家族を襲いました。

                      10月の終わりごろ、父が病院に行くと医者から

                      食道ガンです。ステージ?です。うちの病院では、ケアできないので、すぐに大学病院を紹介します。」と言われました。

                      私はその話を聴いた瞬間

                      目の前が真っ暗になりました。

                      まさに がーーーん

                      と言う言葉がピッタリでした。

                      何でたった2ヶ月だろう、この間手術してから。それでいきなりステージ?.そんなバカな。」

                      そう思ったのですが、事実を変えることは出来ません。

                      そんな時1冊の本のを買いました。それが、「論より証拠のガン克服術」
                      という本です。



                      私がもう少し以前から、この本を読んでいれば、「もっと状況は違っていたのかもしれない」と考えると、今でも悔しさが残ります。

                      皮肉にもこの本の内容と正反対の事を進めた為、父はその後3ヶ月で
                      死んでしまったのです。




                      ガンで父が亡くなるまで。・・・

                      2011.02.03 Thursday

                      0
                        ストーリー

                        今から7年前 2004年の春ごろ、突然妹から電話が来ました。「お兄ちゃん お父さんが倒れた」その1本の電話から、最悪のストーリーは展開されていったのです。慌てて、仕事を抜け出し病院に直行すると幸いにも父は元気でした。原因は脳溢血でした。医者からは、「破裂したところが後数ミリずれていたら、助からなかった」といわれました。「父は運の良い男だ」とその時は思いました。

                        その後2週間ほどで退院しました。もう会社は定年退職していたので、自宅での療養もそれほど問題はありませんでした。

                        ただ、1つだけ私が気になっていた事がありました。それは、この数年父が日に日に痩せていったことです。当時父の年齢は61歳まだ老け込む年ではないと考えていたのですが、どうも体の肉がどんどんと無くなっているという感じでした。
                        「むしろ肥満よりはいい」と考える人もいるかもしれませんが、私はその時の経験から、年をとって急激に痩せることは非常に危ないことだと思っています。現に「高齢者の場合は痩せすぎよりも少し太っているほうが長生き」という傾向にあるようですから、あまり太っている事は気にしないほうがよいと思います。


                        続く・・・・・・