放射線オタク(広瀬・学)がつぶやく・原発問題 その8

2011.05.24 Tuesday

0
    長い間、お休みにしていてすみませんでした。
    ちょっといろいろと問題がありました。

    このブログの最後の投稿が4月28日。約1月お休みしていたのですが、その間やはり原発の問題は、ほとんど進展がなかったですね。

    むしろ後になってから、ポロポロと事実が小出しに出てくる。
    最近ではメルトダウンしていたとか。・・・

    覚悟していたけど、5年10年のスパンで考えないといけないとあらためて思った。

    ただそんな中浜岡原発が止まった。それだけは唯一評価できることだと思った。ただ、また設備が整えば運転再開するとか言っているが、絶対にやめるべきだと思う。


    150年周期で起こる東海地震と80年周期で起こる関東大地震どちらも危険度はmax状態で、いつ起こっても全く不思議ではないと思っているからだ。・・

    ただ、それは私は関東に住んでいるからそう思うのであって、日本中どんな場所でも、震度7クラスの地震が来る可能性はあるのだから、全国で原発をやめる動きを国民レベルで考える必要があると思う。

    はっきり言えば、地震大国の日本で原発なんていうものを作っていけなかったんです。

    私は以前から原発をやめた方がよいと思っていた。

    それは2つの理由があった。

    1 日本は地震、津波、大型台風、集中豪雨、など自然災害が多いこと

    2 テロや戦争に巻き込まれたとき、やはり原発は狙われやすい。

    という2つの原因だ。


    特に2番目、いきなりミサイルが飛んできて、原子力発電所に落下したら、津波以上に制御不能になる可能性があるからだ。

    それだって、決して想定外ではないはずだ。・・・


    ひょっとしたら違うところに向かって発射したにもかかわらず、誤ってそこに落ちてしまう事だって考えられる。以前日本の上空をミサイルが通過した事件があったが、もし失速して落ちてたまたま当たったら、とんでもないことになっていただろう。

    また、セキュリティの甘い日本政府が原発を人質にテロ活動を行なわれたら、手も足も出なくなってしまう。


    いったんことが起こると、とんでもない事が起こる原発はやはり危険すぎる魔物だということが今回の一軒でよくわかった気がする。


    ところで、関東大震災クラスの地震はいつ起こるだろうか。

    そんなうわさは私のお客さんの間でまことしやかにささやかれている。

    私は10年以内に90%と考えている。


    来ないに事たことはないが、やはり過去のデータをいろいろみるとかなり規則正しく起こっているのだから、疑う余地は少ないだろう。

    ただ、今回の地震で1つだけはっきりした事があるのは、

    日本の建築の基準はやはり世界一だと思った。


    これだけの地震で、仙台の街のビルはほとんど倒壊していないことを考えると

    本当にすごい事だと思う。

    このクラスの地震が来たら、よその国ではバカバカとビルは倒壊してた可能性は高いと思う。

    実は私は、20代は建築関係の仕事をしていた。

    だから、関東ではどの地盤が弱くどの地盤が強いのかおおよその見当はつく。

    地震はマグニチュードの大きさや震度だけでは測れない。

    ゲリラ豪雨のように、同じ揺れでも局地的に被害が違ってくる。
    その最大の原因はやはり地盤にあると見ている。


    今度機会があれば、そのような話もしてみたいと思う。