放射線オタク(広瀬・学)がつぶやくプルトニウム

2011.03.29 Tuesday

0
    私はいままで、デビルポケットby広瀬というブログで「放射線について」いろいろ書いてきました。

    はっきり言って私は「放射線オタク」です。

    だけど、昨日のニュースは結構衝撃で、でも想定内の範疇というか。・・・

    この事故に対して1つ心配していたことがあったのです。

    プルトニウムです。はっきり言って セシウムやヨウ素はそんなに心配ではないのですが、ちょっとプルトニウムというと話は別です。


    何故そうなのかは


    武田邦彦先生 (中部大学)のブログです。

    この方の書いている事はとっても信頼感があります。

    プルトニウムの記事を貼っておきます。

    http://takedanet.com/2011/03/38_38a5.html

    http://takedanet.com/2011/03/36_9d9f.html

    http://takedanet.com/2011/03/32_f654.html

    防御方法

    空気中を飛んでくるプルトニウムの粒子は、0.3ミクロン程度の非常に小さな微粒子です。

    しかしインフルエンザウイルス(0.1ミクロン程度)よりも大きいので、インフルエンザウイルス用のマスク(N95と言う少し高めの)を用意しておけば、おそらく95%ぐらいは被曝を防ぐことができると思ます。

    機会のある内に、インフルエンザ用のマスクを買って置いておきましょう。

    放射性物質の量が多い福島県の人等は比較的頻繁にマスクを変えた方がいいと思ますが、東京や仙台などでは今のところ洗って繰り返し使えると思ます。


    弊社で扱っているマスクは (0.1ミクロン)までは有害物を阻止できますので、念のためそれを使っておく事がよいのではないでしょうか。

    ウイルス・花粉・タバコヤニとりマスク 10枚入り

    ウイルスガードマスク

    特に「ウイルス・花粉・タバコヤニとりマスク 10枚入り」、は価格も安く、息が苦しくない。とても呼吸が苦しくないのが特徴です。
    この間の地震の時、私はこのマスクをつけて家に歩いて帰ったのですが、本当にマスクをしているを忘れるくらい、呼吸が楽でした。特に自転車に乗り換えて、フルスピードで運転しているとき、「他のマスクではこんなに楽ではないよな。」と思ったくらいです。

    何故かと言うと、このマスクは通気性が高いのに、超微粒子まで取れる構造になっているのです。一見矛盾している事を可能としているのは、このマスクの特殊な構造のお陰です。

    電気的に吸着させている。

    花粉症の方は、どのみちマスクするわけで、そうであるならばなるべく安全なものを使用してみてください。