老人性認知症・寝たきり予防とタカダイオン電子治療器 

2012.07.12 Thursday

0
    オプティマルライフ? 広瀬です。

    現在はすでに高齢化社会であり、
    今後ますます高齢化社会になる日本。

    「老人性認知症や寝たきり」の問題は、とても深刻に
    思えてなりません。

    これといった手だけは少なく、難しい問題です。

    広藤道男先生が書かれた

    「電子負荷療法の実際とメカニズム」という著書の中で、下記のような事が書かれています。



    2000年より介護保険法が行われるようになり、地方自治体は
    可能な限り高齢者の自立生活を促して施設サービス者、
    特に療養型臨床群を少なくしようと努めているようである。

    本項の意図は患者の状態が実際に改善されなければ、介護の程度を
    下げるわけにはいかないので、様々なリハビリの方法があるにせよ
    時間と手間を必要とするものが多いと考えられるので、
    この点について医療面での効果を挙げるために、負電荷を
    併用することが有意義でないかと考えるものであり、
    その治療例をまず挙げたいと思う。


    実際には、さまざまな治療例が本で紹介されています。

    カダイオン電子治療器



    コメント
    コメントする